積木

容量の少ない防犯カメラはSDカードを導入しよう

  1. ホーム
  2. 映像を残すために

映像を残すために

防犯カメラ

色々なタイプの方式

防犯カメラを取り付ける場合はモニターに映すだけではなく、その映像を後から利用できるように録画をしようと考えるでしょう。現在、販売されている防犯カメラはほとんどが録画に対応していますので、注意書きがない限りどれを選んだとしても大丈夫です。しかし、防犯カメラには種類があって、他の機器と接続をして録画をするものと、本体だけで録画まですべて完了できるものがあるため、用途によって選択しましょう。なお、どちらの防犯カメラを利用するにしても、犯罪者に壊されてしまったのでは意味がありませんので注意が必要です。そのため、簡単には手の届かないところに設置をして、自宅だけではなく防犯カメラ自体を守る工夫が必要となります。

自宅に相応しいものを

他に機器がいる防犯カメラは配線を必要としますので、自宅内にハードディスクなどの録画装置も設置することになります。配線は面倒だと感じるかもしれませんが、自宅内に侵入されない限り、録画した映像を消されることはありません。そして、防犯カメラ自体で録画できるものは、内部にカードタイプの記録媒体を挿入して使うことになります。本体以外に機器を必要としないですし、配線のための工事もいらないため、安価で導入できる防犯カメラだといえるでしょう。なお、防犯カメラを取り扱うお店ならば、どちらのタイプの機器も取り扱っている場合が多いです。比較のために商品紹介ページを見れば、それらの防犯カメラのメリットとデメリットがしっかりと分かるでしょう。