男性

容量の少ない防犯カメラはSDカードを導入しよう

容量に気を配る

鍵

上書きを防ぐ

防犯カメラは防犯効果が高いため、多くのお店や住宅で利用されています。企業だけでなく一般の人にも手に入りやすいものもあります。様々な種類が売られているため、目的に合った防犯カメラを選ぶことができます。防犯カメラの中にはSDカードによって監視した映像を保存するものがあります。SDカードは比較安価で買うことができるため、大変人気の機種です。SDカードを使って映像を保存するときには容量に気を配りましょう。容量がいっぱいになると自動で保存した動画を上書きして監視映像を保存します。事件や事故の証拠となる映像を上書きしてしまうため、保存するときに注意したいものです。防犯カメラに挿したSDカードの容量を確認すると上書きを防ぐことができます。

大容量が安心

防犯カメラは常に設置した場所を監視します。そのため、保存した映像の数が多くなりがちだといえます。SDカードはHDDよりも容量が少ないため、保存できる映像の数に限りがあります。防犯カメラに映像を保存するときには大容量の物を選ぶと大量の映像を保存することができます。SDカードの中にもHDDまでとはいかなくても容量が多いものがあります。防犯カメラに大容量のSDカードを挿しておけば、頻繁にSDカードを交換する手間が省けます。上書きされる心配も減らせるため、少ない量のSDカードよりも便利に使うことができるのです。防犯カメラにSDカードを挿すときには、できるだけ大容量のものを選んだ方が防犯に役立たさせることができます。

防犯カメラ

映像を残すために

防犯カメラを利用して録画を行なう場合は、自宅内に設置するものと、本体で録画が完了するものがあります。どちらを利用するとしても、壊されないために犯罪者の手の届かないところに設置することが大切でしょう。

地図

スマホで簡単に防犯

スマホのGPS機能を使うことで、簡単に防犯対策をとることができます。いつでも位置を確認することができるので、持っていて安心できます。スマホのGPS機能で防犯すれば、他の防犯道具を買う必要が無くて費用の節約になります。

ダイヤル

失敗しない商品選び

金庫は防犯という特性上、返品することが難しい製品だといえます。通販で買うときには失敗しないためにも良く確認しておきましょう。通販だと複数の性能を持った金庫を探しやすく、大切な物を守るための金庫を選ぶ時に便利です。